IR information IR情報

経営理念

会社はステージ、社員をアクター、経営者を演出家、そしてお客様と株主の皆様を観客と、置き換えることができると考えております。
最先端のステージ(会社)で、アクター(社員)、演出家(経営者)全員が、それぞれプロ意識に徹し、十分にその実力を発揮し、多くの観客(お客様と株主の皆様)から拍手をいただくことは、当社グループの理想とするところです。
当社グループは、その理想の下、会社組織、投資機材の一層の拡充、最先端化と、全社員の絶え間ない質的向上を経営の基本方針としております。

我が社の遺伝子

21世紀前半はデジタルとネットワークの時代です。同時に、経済・社会の大きなうねりの中でさまざまな価値が見直され、物から人へ価値観が移る心の時代でもあると言われています。
我が社はパソコンの時代と共に生まれ、パソコンの時代と共に成長してまいりました。大学のクラブ活動として始めたホログラフィ、その発展としてのレーザーによるディスプレイやパソコンのホビーとしての応用に関する研究活動は、最新の技術革新をどのように活用していくかというような課題を通じて、常にチャレンジする精神を我々に植え付けました。不断のイノベーションが我々の遺伝子といってもよいでしょう。

市場環境

我々は、小さなベンチャー企業としてこういった遺伝子を育て、それまでの活動の発展として、広告、プロモーションや番組などの映像制作ビジネスを立ち上げて来ました。我が社の映像制作能力は、データ容量の増加とともに、よりハイクオリティになってきました。
そして今、デジタル映像の力は映像の制作・流通工程を大きく変革しようとしております。フィルムや映写機器などがデジタルに置き換わるだけでなく、新しい技術が制作工程を変革し、さらにネットワークを通じた映像配信によるコンテンツ販売にいたるまでの流れを作り出し、我々の業界を劇的に変化させています。

レイグループの戦略

我々はデジタル映像の最新技術と先駆的な精神を武器に、旧来の映像制作工程をインフラから制作スタイルまで一貫して見直し、デジタル化を通して効率化し、ハイクオリティ化しようと考えています。そして、そこに大きなビジネスチャンスがあると考えています。
近年、我々が最新のデジタル映像装置に対する投資を拡大し、デジタル映像時代のインフラを先駆けて構築をしてまいりましたのも、そういった戦略からです。さらに、現在はHD映像(デジタル高品位映像)を機軸に新たな対象市場と営業チャネルを構築しつつあります。

そして社会へ貢献

時代の変曲点である今世紀初頭は、物質の充実だけではなく、個人の生き方、環境への優しさ、子供世代に伝えることなどの価値感が重要になってきています。
我々レイグループは、不断のイノベーションを通して、新たな価値創造に邁進し、社会の進化に積極的に寄与していくことを願っています。