400 ANGLES project, report, proposal

  • Report
  • Project
  • COMMUNICATION DESIGN
  • SHOW TECHNICAL

アイデアの種を育てるデジタル体験会~ Seed Volume 1 (2/4)

seed#001: Concept Movie Projection

デジタル体験会イベントの名称でもある “Seed” をマッピングで表現したロゴムービー。照明配線ダクトからも電源確保が可能な型もあるパナソニック社の “スペース・プレーヤー” というサイネージ プロジェクターを使用しています。

  • image20

プロジェクションマッピングはアトラクション的なイメージが先行する中、“サイネージ”というより“サイン”として空間演出に使っていただきたいというご提案です。

seed#002: Microsoft HoloLens 通信MR体験

HMD自体がPCでもある、HoloLens を通信させた使い方提案。このデモでは 2台のHoloLens を使用して指をはじいて出てくるバーチャルボールを使ったゲームを作りました。

  • image20
  • IMGP3509

既にMicrodsoft社より提供されているHoloLens1台のためのデモコンテンツは、残念ながら、今すぐ何か出来そう!と思える物ではありませんでした。 また、今はまだ視野角が狭いという欠点を目立たせる物が多いのも事実です。

そこで我々は、通信機能を活かして2台でリアルタイムに通信させ、視野角の狭さを感じさせないエンターテインメントコンテンツを作成してみました。 体験した方々からは、口々に「新しい!」「これからのゲームは、こういう風になるのかな?」と言っていただき、新しい体験をご提供できたと思います。

  • 00_素材シーケンス_holo.01_25_43_14.Still049
  • 00_素材シーケンス.00_53_30_15.Still033

seed#003: インタラクティブ VR体験 “VR DIVING” (Oculus Lift + Leap Motion)

360度フル3DCG を見るだけではなく、インタラクティブな体験も実装したコンテンツです。
海の中を泳ぎまわって宝箱を見つけるという“能動的なVR”で没入感がすごいという評価をいただきました。
楽しい反面、VR酔いを感じるという方が多かったのが少し気になるところです。

  • 00_素材シーケンス.00_34_44_17.Still019
  • IMGP3509

seed#004: Google Tango 新感覚AR/MR 体験

AndroidスマホのARコンテンツです。空間情報を認識できるため、これまでのARにはない、移動しながらのコンテンツ体験が可能です。
このデモでは、珍しい動物を探し回りコレクションブックを作るというコンテンツをGoogle が提供する新しい AR/MR技術に対応した端末で実現しています。

  • 00_素材シーケンス.00_59_16_25.Still035
  • IMG_1114

空間認識(事前に読込み済)により、CGが壁で隠れたり、突発的に出てきた人との位置関係に則した表示など、“奥行き”を表現することが出来るようになったのも、テクノロジーの進化を感じさせます。

  • 00_素材シーケンス.00_52_58_05.Still032
  • 00_素材シーケンス.01_03_04_03.Still038
1 2 3 4