400 ANGLES project, report, proposal

  • Report
  • CREATIVE DESIGN

ADFEST 2016 視察レポート(その1:サマリー篇) (3/4)

メイン会場

広告、デザイン、メディア業界でレジェンド的な存在の人たちのトークショー、上映会が行われました。トークショーは、各分野に精通し、プレゼンテーション慣れした方々が多かったので、1 時間の講演等があっという間に感じました。
IMG_2652

HAKUHODO PRESENTS のヤングロータスはとても白熱していて面白かったです。ヤングロータスとは、アジア各国の28 歳以下のクリエイターが2 人1 組になって、課題に対して24 時間以内に案を作成しプレゼンを行う、若手クリエイターの為のアワードです。
今年のテーマは「ムエタイ2028」。
タイ国内以外あまり知られていない、ローカルスポーツを、2028 年のオリンピック種目にするにはどうしたら良いのか?という内容です。会場でプレゼンをしたのは、14 チーム中ファイナリストに残った4 チームでしたが、どのチームも24 時間で考え/ 作成したとは思えないアイデア+プレゼンシート/ ビデオでした。自分より年下の方が各国のクリエーターの前で、あんなにしっかりしたプレゼンをしている事にとても刺激を受けました。
各プレゼン内容等は、Web 上に出ていると思いますので、良ければ検索してみてください。

  • IMG_2823様々なトークショー
  • IMG_2725AWARD PRESENTATION

そして、ADFEST の目玉でもあるアワード発表。
各カテゴリーで受賞したブロンズ、シルバー、ゴールド、グランドが発表されていくのですが、やはりオーディエンスも1番盛り上がっていました。
授賞式では、その広告の細かい内容まで掘り下げて説明はしないので、
キービジュアルしか分からない物も多数ありましたが、デザイン賞、フィムル賞、ラジオ賞、キャンペーン等は、分かりやすい物が多かったです。

会場の楽しみ方

メイン会場で行われるトークショー等は、全て英語の為、各国の言語への同時通訳サービスがありました。もちろん私もこの同時通訳キットを借りて日本語でトークショーを聞いていました。
トークショーの後には、出口でリモコンのようなボタンを渡され、今聞いた内容が自分にとってどうだったの評価をするサービスもありました。この評価がどのように扱われたかは分かりませんが、視聴者参加型な感じでいちアトラクションとして楽しめました。

開催中、毎日発行されるADFEST 新聞もあり、前日にどのようなトークショーや、イベントが行われたのかを知る事ができます。

  • IMG_2794リアクションボタン
  • IMG_2772ADFEST 新聞

ノベルティグッズとして、トートバッグとT シャツが配られます。
また、アワードプレゼンテーションの後には、受賞者に贈られるトロフィーに、模したペーパークラフトトロフィーが配られていました。受賞できなかった人は、このトロフィーを会社へのお土産にしています。

  • IMG_2831ID / PASS / ノベルティ
  • IMG_2792ペーパークラフトトロフィー
1 2 3 4